ちょっとしたニュース情報

【規制?】Youtubeで未成年が出演している動画にコメントできなくなる?

大手企業のGoogleがサービスを提供しているyoutubeですが最近、未成年が出演する動画へのコメントができなくなるようにするという規制が追加されるようになるようです。

この規制について様々な方面から不満の声が上がっています。

しかし、なぜこのような規制が行われるようになってしまったのでしょうか?その理由について解説していきます!

この記事でわかる事

  • Youtubeの規制の具体的な内容
  • 規制に至った理由

具体的にどのような規制?

 

まずは今回の規制について簡単にまとめていきます。

 

未成年が出演する動画のコメント欄の封鎖?

2019年の2月28日にYoutubeの公式ブログで【More updates on our actions related to the safety of minors on YouTube】という題名の記事が投稿されました。

日本語訳すると【未成年の安全に関するYouTubeの行動に関する最新情報】という題名です。

その記事の中で【Disabling comments on videos featuring minors】(日本語訳:未成年が出演する動画のコメント欄を無効にする)という見出しがあり、未成年の安全を脅かす可能性がある為にコメント欄を無効にしていくという内容の記事が書かれていました。

 

結局どういう事?

 

YouTubeの公式ブログには英語で長々と書かれていますが簡単にまとめると、

未成年が出演する何千万もの動画のコメント欄を無効化したが、これからも無効化していく数を増やしていくといった内容です。

日本にも未成年が主体となっている動画は数多く存在しますが、じきにその動画のコメント欄もどんどん無効化されてしまうようです。

 

なぜこんな規制をするの?

YouTubeの利用者で未成年の方はかなりの多くの割合がありますよね?しかしなぜ未成年の方にとってかなりダメージの大きい規制をするのでしょうか?

「規制する意味が分かんない」「YouTube終わったな」のような意見がかなり多く見受けられます。

そこでこんな規制をするYouTubeの目的について解説していきます!

 

今回の規制の目的とは?

 

今回の規制はYouTubeの公式ブログに記載されていた通り未成年の安全のための規制の様です。

日本ではあまりないと思いますが海外の一部のユーザーが未成年が出演する動画で児童ポルノのような動画をあげている人がいるようです。

「そんなのすぐ消せばいいじゃん」

と思うかもしれませんが数がかなり多く、規制が間に合わないというのが現状の様です。

その解決策として今回のコメント欄の無効化というのがあげられたようです。
 


 

何故コメント欄を封鎖するの?

 

児童ポルノ動画の規制と、未成年が出演する動画のコメント欄の無効化は一見それほど関係ないように見えますが意外と関係があります。

海外の児童ポルノ動画を投稿しているという人は1時間~2時間のようなとても長い動画をあげてYouTubeの監視から逃れるような手口を使っています。

その長い動画のごく一部で児童ポルノのシーンが含まれているようです。そこで使われるのがコメント欄です。

時間をコメントすることでこのようにクリックできるようになります。そしてその時間をクリックするとそのシーンが見れるようになるという仕組みです。

こうした機能を使って悪質な投稿者が児童ポルノを使って登録者や再生数を稼ぎ、お金儲けをしているというのが現状の様です。

そういった投稿者を減らすようにと考えられた方法が今回の【未成年が出演する動画のコメント欄無効化】という措置です。

 

健全な動画のコメント欄も封鎖する必要があるの?

 

未成年が出演している動画でも健全な動画の方が圧倒的大多数ですが、上のような悪質な投稿者の数もかなり多いというのが現状です。

一つ一つ対策してくこともできないような状況なので今回のような措置になりました。

一時的な措置なのか今後ずっと続いていく措置なのかは今の頃はわかっていませんが、現時点では今後もこの規制を強化していくという方針の様です。

 

対策方法は?

中にはこの様に未成年のYoutuberがもう活動を休止すると言っていたりしていますが、コメント欄が無効化されるだけなので休止する必要はないでしょう。

概要欄は使えるはずなので概要欄からTwitterなどの外部サイトに誘導し、そこでコメントするといった方法も取れると思うのでそこまで落胆するような内容ではないと思います。

 

まとめ

YouTubeは最近規制がかなり強化されていますよね…。

しかしこれもYouTubeがサービスを提供し続けていくのには仕方がない事ではないでしょうか?

YouTubeが広告を払えなくなったら人気Youtuberも活動できなくなってしまいます。視聴者としては今後も規制の中で面白い動画を作ってくれるYoutuberの応援していくしかありませんね!






-ちょっとしたニュース情報

© 2020 SetoNix