身近な便利情報

【き】がうまく発音できない奴wwwwwwwwwwww

タイトルで煽ってしまって申し訳ありません。何を隠そう僕も【き】の発音がめちゃくちゃ下手糞です。

検索してみると意外と同じような悩みを持っている人が多くいたので記事にしてみました!

この記事では【き】がうまく発音できない人の特徴と、改善方法について解説していきます!

 

この記事でわかる事

  • 【き】がうまく発音できない人の特徴と原因
  • 【き】をうまく発音する方法

 

 

 

【き】がうまく発音できない?

 

まずは【き】がうまく発音できない人の特徴について解説していきます。

 

【き】がうまく発音できない人の特徴

 

【き】がうまく発音できない人は口の中の左右どちらかで発音している傾向があります。

僕の場合は口の中の右側で発音していました。

小さいときからずっとこの発音をしていて全然違和感なく生きてきました…。

この辺で発音すると息が漏れるような【き】になってしまいます。

ローマ字で表すと【khi】のような感じの発音です。

また、【き】を発音する場合に口を

この様にして発音している人も【き】がうまく発音できていない傾向にあります。

 

どうして【き】がうまく発音できないの?

 

上で書いたように発音する場所を間違ってしまっている場合は中々発音は良くなりません。

本来発音する場所じゃないところで発音しているため変に息が漏れてしまったり、【き】がとても言いづらかったりするなどデメリットばかりです。

 

また、口の形に関しては小学生のころ母音が【い】の場合は

この様な口の形にするようにと言われた記憶があると思いますが、実はこれあんまりよくないんです。

この口の形が原因で発音する場所がずれてしまったりなどの現象が起きやすくなってしまいます。


改善方法は?

 

まずは発音する場所を正さなくてはいけません。

発音する場所はこの辺りです。

本当にど真ん中です。しかし慣れないうちは全くと言っていいほど発音できません。

【くぃ】と発音していき徐々に【き】に近づけていくようにしましょう!コツとしては音を前に出すようにして口内のど真ん中で【くぃ】というのがいいでしょう!

また、口の形に関しても口角を無理に横に広げずにむしろ意識して広げないようにしながら練習していきましょう!

 

これが【き】の正しい発音方法です!

 

ついでに

 

【き】がうまく発音できない人の中で【け】もうまく発音できないという人もいるはずです。僕もそうでした(笑)

【け】も【き】と全く同じ方法で改善しました!ぜひやってみてください。

 

まとめ

 

ここまで書いておいてなんですが僕も完全に発音が治ったわけではありません。

しかし何も気にしていなかったころに比べると非常に喋りやすくなり聞き取りやすくもなったと言われるようになってきました!

日々の積み重ねで改善していくしかないので地道に頑張っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 






-身近な便利情報

© 2020 SetoNix